読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラスアート風羽 グラスアートに夢中〜福岡・佐賀

きる・はる・まげる・かたちになる。たったこれだけのシンプルな工程でできるものづくりの楽しさ、思いのままに組み合わせる色あそびのおもしろさをいろいろな方と共有すべく、私は今日もふわっと「好き」の道を歩き続けています。

次に買いたいもの

高い血圧を下げるのに効果があると、今年に入ってから黒酢を続けています。

今までにもテレビやいろんな場面で

痩せるとか何かしら体にいいと耳にするも

真剣に見ていなかったし、ブームに乗る気はなかったので

手を出していませんでしたが、いよいよ夫の高い血圧が心配。。

うちの母も高血圧の薬を服用しています。周囲に高血圧の人がいるのに

私、実は血圧に無関心でした。

先日もテレビで黒酢をすすめる番組をやっていましたが

それ以来やっぱり、スーパーの黒酢は棚の奥までごっそりありません。

あれ見てまたみんなが注目したのだろうなー。安定して買えなくなるのは困ります。

 

飲み始めて3本目になりました。

すべて違うもの。はじめは岐阜の内堀醸造のもので

濁りのあるまろやかな酸味の黒酢。これは気に入りました。

臨醐山黒酢(360ml) - 内堀醸造株式会社 オンラインショッピング

 

また同じ店で探したらもうなくて、2本目は隣にあった八女の江崎酢醸造のもの。

玄米黒酢・蜂蜜黒酢・黒糖黒酢(江崎酢醸造元)

これもおいしく飲めたけど、はじめての黒酢がとても気に入ったので

それに比べると物足りない感じ。

それで3本目には、またまた違う何かを試してみたくて

今飲んでいるのは奈良のミヅホというとこのもの。

酢ができるまで|奈良のお酢のことならミヅホ株式会社

んー、おいしく楽しく続けるためにはもう一つ物足りない。

まだこの先いろいろ飲み比べてみたいと思っています。

 

各県各地域で色んな黒酢が作られているはずだと思い

検索してみたら、意外と見つからず

よりいいものを・・と思って探していくとあがってくるのは

鹿児島の壺づくりの黒酢

私が今まで買ったのは5~600円台のものですが

有名な鹿児島の黒酢はどれもこのくらいの価格で買えるものはありませんでした。

この価格差はなに?

 

知らなかった!!

黒酢の元祖”壷作り黒酢”があるのは鹿児島の福山町だけ」

「じっくりと時間をかけ、丁寧に製造されていて
その発酵・熟成の過程でアミノ酸が多く含有された黒酢が出来上がる」
その手間暇とアミノ酸の含有量に価格差があったことが分かりました。

他にも違いはあると思うけれど、わたしの頭に入る範囲で

ざっくり知るにとどめておきます。

その時間のかけ方は24~48時間で作られるものから

2~5年の醸造期間をかけるものとの差があることも。

知った以上はなおさら、工場で一日二日で出来上がるものよりも

(今まで選んだ3本も杉樽や壺で醸造されたもの)

数年かけて出来上がった黒酢を飲みたいと

今のがなくなったら鹿児島の福山町の黒酢

買ってみようと思っています。

 

 

広告を非表示にする