グラスアート風羽 グラスアートに夢中〜福岡・佐賀

きる・はる・まげる・かたちになる。たったこれだけのシンプルな工程でできるものづくりの楽しさ、思いのままに組み合わせる色あそびのおもしろさをいろいろな方と共有すべく、私は今日もふわっと「好き」の道を歩き続けています。

次へ

グラスアートを教わりはじめた時から

ずっとお世話になっている先生のもとで参加した

「手作りフェアin九州」、二日間のイベントを終えました。

f:id:glassartfuuwa:20150223181057j:plain

 

私も毎年、今までは買い物に、

新しい便利道具や資材を出す企業ブースや

なにか新しい作家さんのおもしろいものがないかしら~んと

ひとりマイペースにぐるぐるしていました。

新しいクラフト材料や、品ぞろえ豊富なパーツもの、斬新なアイデア作品など

目新しいものを求めて・・

f:id:glassartfuuwa:20150223181132j:plain

今回もわたしは

合間にふらふら、前々から興味のあったミルフィオリの体験を

することができました。

f:id:glassartfuuwa:20150223181214j:plain

 

手芸好き、何か始めたい方にグラスアートを紹介できるよう

興味をもって手にしてもらえるよう、いろいろ作品を並べて

この機会をむかえました。

f:id:glassartfuuwa:20150223181341j:plain

 

ひとつひとつ丁寧につくったものたちです。

教室活動がメインなので、販売価格をつけるのはとても悩ましいこと。

教室に参加されて、ご自分で頑張って手づくりされた作品の価値を思うと

私が並べる作品だって落とすようなことはとてもできませんのに

「これは?」「じゃあこれなら?」と値切られることが一度きりですが

あって、もやもやと複雑な気持になりました。

フリーマーケットやバザーとは意味合いが違う催しだと思うのですが

どうなんでしょう。

もちろん「ごめんなさい、それはできません」とお断りしましたが

想像できていなかったことがこれからも起こるかもしれません。

そういえば、わたし初めての作品展示を数年前にしたとき

500円の体験会を設けていたら、未就学の子ふたりを体験に預け

出来上ったころに戻ったお母さんが「え?!お金もってないよ!」と支払われずに終わったことがありました。

材料代金なので先にそう声かけておくべきだったかと

反省しましたが、何かと経験浅い私にはいろんな事がこれから

も起こるのでしょう〜

広告を非表示にする